西川史子が離婚後劣化が止まらない!離婚原因はやはり毒舌と不妊?

今年に入って、1月11日に実業家の福本亜細亜氏(39)と
離婚を発表した、女医でタレントの西川史子さん(42)に異変が
出ているようです。

Q9yZtfjKvA2lVn2_4576_76fukumoto-ajia

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

西川さんは、レギュラー出演しているTBS系情報バラエティー番組
「サンデー・ジャポン」離婚に至った経緯を説明、時々涙ぐむ場面も
見せていました。

 

しかし、離婚に至った直接の原因は他にあるようです。

 

「可愛い奥さんになれなかった」と西川さんは説明していましたが、
原因はそれだけでしょうか?

 

西川さんは、”芸能界のご意見番”を自負しており、毒舌とも言える
コメントで話題を一刀両断することで知られていました。

 

ところが、福本氏との離婚を発表したあとは、出演しているバラエティー
番組ではおとなしく話を聞いているだけです。

 

 

結婚という人並みに幸せをつかんだと思ったにも関わらず、わずか4年
足らずで破局してしまったことにショックを隠せないのか、まるで人が
変わったかのような感じです。

 

ウワサでは、西川さんは人並みに子の親になりたくて、不妊治療を
受けていたとされています。

 

42歳と高齢であったため、なかなか子供には恵まれなかったようです。

 

妊娠をあきらめた西川さんは、気を限らわすかのように、レギュラー番組
を多く持つようになりました。

 

推測すると、西川さんは結婚後、福本氏の間に子供が欲しかったにも
関わらず、それがかなわなかったことと、また夫の介護という地味で
大変な仕事を理解をさなかったことも離婚の原因として考えられます。

 

学生時代から、華やかな生活をしていた西川さんが、テレビやマスコミ
から離れた介護の世界で夫を助けることは考えられないことだったのかも
知れません。

 

福本氏も今は実業家として活動していますが、元は東京都の葛飾区議で
あり、民間人になったとはいえ、元公人である福本氏の地元では、妻である
西川のことは話題になっていると思われます。

 

そんな西川さんに、夫の仕事に理解を示さず、華やかな芸能界で活動
ばかりしている西川に嫌気がさしてもおかしくはないものとと思われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ