秋山成勲は韓国で差別を受けていた!SHIHO?サランちゃんは?

愛くるしい笑顔で、各国で大人気のサランちゃん(2)の父親で
格闘家の秋山成勲氏(38)が自身のルーツとも言える韓国から
差別を受けていたという、仰天!過去が明らかにされています。

 

 

 

1a83c3346bd201f822e2d13b023597a2akiyamayoshihiro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

秋山氏は、大阪市生野区出身で、1975年7月29日に在日韓国人
四世として生まれました。

 

 

秋山氏のニックネームは「反骨の柔道王」として知られていますが、
そのニックネームに由来する過去があったということです。

 

 

秋山氏は、在日韓国人として日本で生まれ育ちましたが、日本では
今では殆んどなくなりなしたが、在日韓国人への差別はあったのかも
知れません。

 

 

秋山氏は、自身のルーツである国、韓国に希望を抱いて渡りました。

 

 

しかし、そのルーツである国の韓国で”逆差別”を受けていたという
ショックな経験をしています。

 

 

今では実態はよくわかりませんが、韓国では在日韓国人など、
いわゆる”僑胞”と呼ばれる人たちは、激しい差別を受けていた
ということです。

 

 

かつて母国である韓国を植民地として支配した宗主国の日本で生まれ、
教育を受けた在日韓国人はまるで日本人のように憎しみの対象として
扱われたそうです。

 

 

御多分に漏れず、秋山氏も韓国で激しい差別を受け、柔道での
オリンピック代表の夢を断念せざるを得なかったということでした。

 

 

秋山氏にとって、韓国人でありながら、たまたま日本で生まれただけ
なのに、いわれのない差別に苦しんだと思います。

 

 

秋山氏は、結局日本国籍を取得して、日本の会社で働きながら
日本のオリンピック代表を目指すものの、柔道五輪選手を選抜する
大会での準決勝で敗れ、夢は叶えられませんでした。

 

 

そしてプロの格闘家に転向した秋山氏は、モデルのSHIHOさん(37)
と結婚、愛娘のサランちゃんを授かっています。

 

main_large

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋山氏は、自身が過去に受けた経験を踏まえて、娘のサランちゃんを
早くから韓国で育てたりしています。

 

今では、サランちゃんは韓国では大人気になっており、CMでは話題に
なるほどです。

 

妻のSHIHOさんと夫婦で日本、韓国と忙しく動き回っていますが、
それも娘のサランちゃんに自身が果たせなかって韓国で人気を得る
仕事に就けるチャンスを与えたいという親心なのかも知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ