デヴィ夫人が平手打ち相手から告訴を取り下げられていない!理由は?

バラエティー番組で一般女性(34)の発言に対して激怒!”平手打ち”を3発行い、
女性によって警察に被害届けを出されていた、タレントのデヴィ夫人(73)が
取材ではその女性と告訴取り下げの話が進んでいると説明してますが・・・。

実際は、女性がまだ警察への刑事告訴の取り下げを行っていないようです。
デヴィ夫人の説明は少し食い違いますが、真相はどうなのでしょう?

 

 

73192_201002080438176001265632973c

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

デヴィ夫人は、問題となったバラエティー番組で、一般女性の発言に腹を
たて、”平手打ち”に及んだいうことですが、女性に”平手打ち”を誘発させた
のが、その番組に共演していた、女医でタレントの西川史子さん(42)だと
いうことで、デヴィ夫人は西川さんをも攻撃しています。

 

Q9yZtfjKvA2lVn2_4576_76

 

 

 

 

 

 

”平手打ち”事件は、すっかりデヴィ夫人と西川さんの話にすり替わって
しまったようですが、肝心の女性に暴行を働いたデヴィ夫人の件は未だ
解決を見ていないようです。

 

その女性は衆議院議員の後藤田正純氏(44)の不倫相手とされている
ホステスとして一時話題になった人物でした。

991b0ff8b2bcc42679ef093df4412e07_26481

 

今回警察に被害届を出した女性
(仮)A子さん

 

 

 

 

そして”平手打ちの”事件の時も、朝からデヴィ夫人は機嫌が悪かった
ことに加えて、その女性が、デヴィ夫人に夫であるスカルノ大統領は
すでに故人であるのになぜ”夫人と名乗っているのか”と怒りを誘う
発言をしたということです。

 

警察の確認では、27日現在、被害を受けた女性からは警察へ刑事告訴
の取り下げはされていないということです。

 

デヴィ夫人は過去に暴力事件を起こし禁固刑を受けたことがあります。

 

それはパーティーでの席で、侮辱されたという理由で当時のフィリピン大統領の
孫娘の顔をシャンパングラスで殴打、37針縫うケガをさせ、禁固刑で数日間刑務所
に収監されていた過去があります。

 

今回、デヴィ夫人の”平手打ち”事件の示談に向けた話し合いでは、当然慰謝料に
ついても話が出ていると思います。

 

しかし、その女性が示談金に不服で、未だ刑事告訴を取り下げていないとしたら、
デヴィ夫人にとって、過去に刑務所に入れられた悪夢が蘇ってきます。

 

ここで推測ですが、被害を受けた女性が、デヴィ夫人が過去に起こした事件を
知っているのかは分かりませんが、女性の回らに取り巻きが出来て、”怪しい
助言”などをされていればどうなのでしょう?

 

結局のところ、”平手打ち”3回の代償がなんと200万円!の慰謝料をその女性に
支払ったということです。

 

慰謝料は、テレビ局とデヴィ夫人側と共同で支払った模様です。

 

今回の件では、明らかに、暴力を振るったデヴィ夫人に非があるので、
誠実な謝罪をして早期解決を図るべきだと思います。

 

 

示談金が支払われていることから、まもなく被害届も取り下げらるものと
思われますが、デヴィ夫人の気の短さには周囲はヒヤヒヤさせられた
出来事になったことは間違いありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ