大沢樹生が報復受ける!過去の怪しい副業暴露される?誰に?元妻?

DNA検査の結果、17歳の長男とは99.9%の確率で親子関係が
ないことを発表し、長男の本当に父親をめぐって、元妻である
喜多嶋舞さん(41)と泥沼の争いを続けている元光GENJIで、俳優の
大沢樹生さん(44)が、過去に行おうとした”怪しいビジネス”の情報が
マスコミ等に流されています。

 

imge104724ezik0zj oth13122505030014-p1

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

大沢さんは、光GENJIを脱退した後、ジャニーズ事務所を退社し、
個人事務所を立ち上げました。

 

 

しかし、個人事務所を立ち上げた最初の頃は、なかなか仕事をもらうことが
できず、生活にも苦労していたため、タレント活動のかたわら、”怪しい副業”を
行おうとしていたそうです。

 

 

その”怪しい副業”とは「愛人斡旋ビジネス」で、大沢さんが、これから芸能界に
売り込もうとしている、いわゆる”芸能人の卵”とも言える女性たちと「1年間の
愛人契約を」結ばせ、契約が成立すれば、斡旋手数料を頂くというビジネスでした。

 

 

しかし、大沢さんは実際には、「愛人斡旋ビジネス」は成功しなかった
ようで、商談の段階で、立ち消えになってしまったようです。

 

 

このことはは大沢さんが過去に行おうとしていたことで、今は行っていない
ようです。

 

 

しかし、なぜ今になって大沢さんの過去の出来事をマスコミなどに流したの
でしょうか?

 

 

大沢さんの過去の副業を知る人物は、身内の中以外に考えられません。

 

 

だとすると、元妻である喜多嶋さんサイドがマスコミに情報を流したのしょうか?

 

 

喜多嶋さん側が流した証拠もなく、はっきりした出処もわかりません。

 

 

しかし、大沢さんのスキャンダルとも言える過去の出来事を暴露して、
イメージダウンを図る目的なら元妻の喜多嶋さんサイドからが十分に
考えられます。

 

 

それでも、DNAの再検査の結果本当の父親が分かった時点で、今回の
ような情報のリークも無駄に終わるものと考えられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ