キム・ヨナの性格は本当は小心者?プレッシャーに弱い!浅田真央は?

ソチオリンピック女子フィギュアスケートのキム・ヨナ選手(24)がソチに
到着後、周りが慌ただしくなり、キム選手もピリピリムードになっています。

6179ac97f15222814d8a2572d03862f5

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

現地時間19日(日本時間の20日未明)から始まる、女子シングルの競技
に備え、ソチ入りした韓国のキム・ヨナ選手が、意外とナイーブな面を見せて
います。

 

 

今回のソチオリンピックでは、浅田真央選手(24)との一騎打ちかと思われて
きました。

 

64754_200904010637467001238571738c

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここにきてロシアの新星、若干15歳のユリア・リプニツカヤ選手が、
フィギュアスケート女子団体戦でのロシアに金メダルをもたらした立役者と
して、2人の間に割って入ってきました。

 

o0600080011733859425

 

 

 

 

 

 

キム選手は、空港到着後にリプニツカヤ選手が”優勝候補扱い”されている
ことに、韓国の記者団に「リプニツカヤが優勝するという雰囲気があるのは
よくない、私も人間ですので」と語っています。

 

 

本番には強いとされていたキム選手が意外に”弱気”とも取れる発言をしたこと
には驚きです。

 

 

浅田選手は、9日の行われたフィギュアスケート女子団体では、トリプル
アクセルが決まらず、まさかの転倒で3位という結果に終わりました。

 

 

リプニツカヤ選手は、女子団体のショートプログラムでは「キャンドルスピン」
を決め最高得点をたたき出しています。

 

 

女子団体に出場が出来ないキム選手は、いきなり本番に挑むことになります。

 

その一方で、、転倒しながらも競技での場数を踏んでいる浅田選手は、競技の
雰囲気を掴んでいるだけでも優位ではありますが、気は抜けません。
今回ロシアの新星が加わることで三つ巴の戦いとなった、19日から女子
シングルショートプログラムでは、寝不足の視聴者が出るのは必至となる
ことでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ