高橋大輔がソチ五輪後の引退を撤回現役続行を表明!?その根拠は?

ソチオリンピックのフィギュアスケート男子の高橋大輔選手(27)が現役を
続行、引退を撤回するようにも受け取れる発言をして話題をよんでいます。

 

TKY201304160619

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

高橋選手は、2013年末に行われた、ソチオリンピックの最終選考会で
ある全日本選手権に控え練習していた時に、右足すねを痛めてソチ
オリンピック出場は困難との見方が出ていました。

 

 

しかし、高橋選手は最終選考会では代表に選ばえれ、見事オリンピック出場、
最終のフリーで5位で入賞しました。

 

先に行われた、ショートプログラムでは4位と健闘していました。

 

 

続いて行われたフリーでは、最初に行った4回転ジャンプの時、着地で
大きく姿勢が乱れていまいました。最終的にはこのことが、後々まで
ひびき、最終的には5位という結果となりました。

 

 

 

怪我が完全に治っていないにも関わらず、5位に入賞できた高橋選手は、
完全に力を出し切れなかった思いと最後までやり切った思いが表情から
読み取れました。

 

 

 

競技を終えたあと高橋選手は「自分自身精一杯できた」と発言しました。

 

 

 

しかし「悔しかったり辛かったりいろんな思いがあるソチでいたけど、自分に
とって最高のソチだった」とも語っています。

 

 

 

高橋選手は、足の怪我が完治していれば、結果は違った形になっていた
かも知れません。

 

 

 

高橋選手はまだ27歳、海外の選手では先に競技中に腰を痛め競技を棄権、
引退を表明したロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手は31歳まで現役を
努めていたこともあることから、高橋選手にはまだまだやれる年齢では
ないでしょうか。

o0250044210356055047

 

 

 

 

 

 

 

高橋選手はまだ正式に現役を引退する表明をしていません。できることなら
次の韓国・昌平オリンピックでの高橋選手の演技も見たいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ