ソチ五輪でのメダルかじり禁止をJOCが選手に通達!竹田氏の影響?

法学者の竹田恒泰氏(38)が自身のTwitterでソチオリンピックに出場して
いる選手の態度を巡り、自身の考え述べたことが話題になったと同時に、
JOCをも動かす結果となっています。

TKY201303160438

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

ノルディックスキー、複合ノーマルヒルで2位となった渡部暁斗選手(25)が
13日に行われたメダルの授与式でJOCから「メダルをかじる行為を禁止」
する通達が出ていることを明かしています。

 

 

渡部選手はメダルを授与された後の記念写真で「メダルをかじる」ポーズを
したかったのでしょう、「セレモニーの前に、メダルをかんじゃダメと言われ
ました」と苦笑いをしていたそうです。

 

 

やはり「明治天皇の玄孫」である竹田氏のTwitterでの発言は、JOCをも動かす
ほどの力を持っていることを改めて見せ付けられる結果となりました。

 

20131106_kahara_09

 

 

 

 

 

 

 

それに、竹田氏の父親の竹田恒和氏はJOCの会長ということもあって、さらに
禁止に拍車がかかったのかも知れません。

 

 

オリンピックでのメダルの授与式で、他国の選手が授与されたメダルを嬉しそうに
かじる姿を横目に日本選手はただ笑顔を浮かべるだけになってしまってことは
選手にとっては不満が残る結果となっているのではないでしょうか?

 

これから先、オリンピックに出場した日本代表の選手がメダルをかじる行為が
見られなくなるのはとても寂しい気がします。

One Response to “ソチ五輪でのメダルかじり禁止をJOCが選手に通達!竹田氏の影響?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ