キム・ヨナはソチオリンピックでミスを起こす可能性あり!理由は?

ソチオリンピックで19日から始まる、フィギュアスケート、シングル女子
ショートプログラムでのキム・ヨナ選手(23)は滑走順の抽選で17番目に
滑ることがわかり、協議中のミスが心配されています。

6179ac97f15222814d8a2572d03862f5

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

キム・ヨナ選手は第3グループの5番目と、最初から数えて17番目の
滑走順になります。

 

 

キム選手は、入念に練習を積んでソチ入りしましたが、母国韓国での加熱
報道に精神的に少し疲れ気味になっています。

 

 

厳重な体制でソチ入りしたときも、報道内容が気になったようで、自らも
発言し、ナーバスな状態を露呈しています。

 

 

一方の浅田真央選手(23)は、今回にショートプログラムでは30番目と、
キム選手、そしてロシアの新星、ユリア・リプニツカヤ選手(15)の演技の
後にすべることが決まりました。

64754_200904010637467001238571738c

 

 

 

 

 

 

浅田選手は、団体戦のショートプログラムではリプニツカヤ選手の後に滑り
ましたが、プレッシャーなのか、トリプルアクセルを失敗し転倒してしまいました。

 

o0600080011733859425

 

 

 

 

 

 

 

その後は、浅田選手は冷静さを取り戻し、練習でもジャンプを決めています。

 

 

一度転倒してことで、緊張をコントロールすることもいくらかはできるのでは
ないでしょうか?

 

キム選手、リプニツカヤ選手の後に滑ることは、高い演技を見た後だけに
かなりのプレッシャーを強いられることになりますが、”我らの真央ちゃん”は
前の選手の滑りを冷静に分析、自身のすべりに生かすものと思われます。

 

 

はっきりとは断言するのは難しいですが、キム選手は転倒などの大きな
ミスはないものの、細かなミスで減点されるものと予想されます。

 

 

リプニツカヤ選手も演技では決め手を欠いた場合は、浅田選手は十分に
金メダルを狙える位置にいると思います。

 

 

その結果、浅田選手は金、キム選手は銀、リプニツカヤ選手が銅と予想
しましたが、全ては19日に明らかにされます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ