佐村河内守氏の謝罪会見は妻に演出されたものだった?仕掛け人は?

3月7日に行われた”ゴーストライター”騒動での謝罪会見を開いた
佐村河内守氏(50)に謝罪で、演出をした人物がいるのではないか?
と物議をかもしています。

 

96958A9C93819695E2E5E2E3908DE2E5E2E1E0E2E3E69180E2E2E2E2-DSXBZO6789378007032014I00001-PN1-13

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

今までとはまったく違い、まるで別人を思わせるような風貌で会見の
場に現れた佐村河内氏は記者が質問に対し「2つ目のホテルで、
髪を伸ばしている場合ではないと思い、妻に切ってもらった」と説明
していました。
しかし、今回髪を切ったことに対しても、疑問の声が上がっています。

 

 

佐村河内氏は2月に桐朋学園大学非常勤講師の新垣隆氏(43)の
”ゴーストライター”暴露で横浜市の自宅マンションにはいられず、
横浜市のホテルを転々と移動していたということでした。

 

Niigaki-001

 

 

 

 

 

 

 

新垣氏の暴露されて以降、佐村河内氏には常に取材のため記者は張り
付いていたと想像できます。
あくまでも想像ですが、独特の風貌の佐村河内氏はどこにいても目立つ
存在であり、記者からは逃げられことができないと佐村河内氏の妻が判断、
髪を切り、髭を剃って、本人だとは分からないようにしたのではないかと考える
こともできます。

 

また謝罪会見でも、佐村河内さんが読んでいたメモ書きは、佐村河内氏の
妻の筆跡ではないかと疑いの声が上がっています。

 

 

その点から考えると、謝罪会見を仕切った影の人物は、佐村河内氏の
妻である疑惑は消せません。

 

 

渦中の人物が自らホテルの手配や、警備員の動員など佐村河内氏1人で
準備したとは考えられません。

 

 

妻がすべての準備をして、佐村河内氏はただ会見での弁明に力を注いで
いたとすれば納得のいくところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ