小保方靖子氏思い込み?細胞は存在しない?SATP細胞の論文捏造?

夢の万能細胞よ期待されている「STAP細胞」のその論文の内容をめぐって、
不自然な点があまりにも多いため、「STAP」細胞の共同著者の一人である
山梨大学教授の若山照彦氏(46)が論文の撤回をスタッフに提案しています。
こうの提案について理科学研究所の小保方靖子さん(30)はどのような
対応を示しているのでしょうか?

 

2d03f5a9-s

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

STAP細胞の論文の捏造疑惑が持たれています。

 

STAP細胞は実際には存在しないのでしょうか?そうなればユニット
リーダーの小保方さんの思い込みであることが考えられます。

 

STAP細胞の論文はイギリスの科学誌「ネイチャー」の2本掲載されて
いました。

 

今回若山教授が論文の撤回を呼びかけた背景には、1月に発表した
STAP細胞があらゆる細胞に変化する多様性を示す画像が3年前に
小保方さんが博士論文の際に使った映像と酷似しているということ
でした。

 

そして若山教授は「STAP細胞の根幹にかかわる大事な部分の信用性を
疑わせる」と指摘、今回、論文の撤回の呼びかけに至ったと経緯を説明して
います。

 

つまり、STAP細胞の画像と、小保方さんが博士論文の体内にもともとある
他能性幹細胞の写真と似てい判別がつかないということが、論文に対して
撤回する大きな理由になっているということです。

 

夢の万能細胞と期待されましたが、もしかしたら、ユニットリーダーである
小保方さんの思い込みでだった可能性が否定できなくなってきました。

 

今後の論文の再検証が待たれる結果になってしまったようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ