小保方晴子氏が精神錯乱状態で監視下に!思い込みの強い性格が災い?

「STAP細胞」の論文の捏造疑惑で、渦中の人物である理化学研究所の
ユニットリーダーである小保方晴子さん(30)が一連の騒動で、精神
錯乱の状態で「24時間監視下」にいるということです。

 

2d03f5a9-s

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

小保方さんは、”思いこみの強い性格”が今回の騒動の発端になったのでは、
とウワサにになっていますが、高校生の頃、その”思いこみの強い性格”を
象徴する出来事があったということです。

 

 

小保方さんは高校生のころ憧れの男性と実際には交際していないのも
関わらず、交際していつかのような記憶があったということです。

 

 

小保方さんは、今回の騒動で精神的にかなり参っている状態なので、
「万が一(自傷行為等)が怒らないように理化学研究所の関係者が常に
小保方さんを見張っている」ということです。

 

 

小保方さんは”思い込みの強い性格”だということから、画像の流用も忘れ
あたかも実験で出来た細胞の画像だと思ってしまったのでしょうか?

 

 

今回、「STAP細胞」の論文捏造疑惑ではユニットリーダーである小保方さん
だけが渦中に人物として目立った結果になっていますが、小保方さん以外に
14人も研究メンバーいるのに全てが小保方さんに集中しているのではないので
しょうか?

 

 

小保方さん以外に小保方さんを指導する立場にある、笹井芳樹氏には今回の
「STAP細胞」の論文の捏造疑惑で追求の手が及んでいないような感じが見受け
られます。

 

sasai

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の騒動では、まるで小保方さん一人で行ったような感じの展開になってしまって
いることは非常に残念なことであり、小保方さん一人に避難が集中しているように
思えます。

 

 

その結果小保方さんは精神状態に支障をきたし、不測に事態に備え、監視状態に
されていることもなんとなく気の毒のような感じもします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ