小保方晴子氏の性格にメルヘン妄想や虚言癖の指摘あった!真相は?

STAP細胞の論文の熱道疑惑報道に対し、小保方晴子さん(30)さんの
高校生時代の同級生は小保方さんの性格についての意見を述べています。
小保方さんは性格が悪い学生だったのでしょうか?

 

2d03f5a9-s

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

小保方さんは高校生時代には同級生から”不思議ちゃん”と呼ばれていた
そうです。

 

 

どうやら、学士h時代から小保方さんは妄想癖や虚言癖があるようです。

 

 

なぜ小保方さんが”不思議ちゃん”と呼ばれていたかというと、小保方さんは
友人との会話では、一人でガーッと話して、相手の話は聞かず、会話は自己
完結して最後に満足そうに笑みを浮かべているという”メルヘンチック”な
学生だったということです。

 

 

また小保方さんは、男子バレーボール部のマネージャーをしていたころ、
同級生の男子2人を巻き込む騒動を起こしていたということです。

 

 

小保方さんは、2人の男子学生の一人とあたかも付き合っているようなことを
皆に話していたということです。

 

 

当の男子学生は皆の問いに、小保方さんとは付き合っていたいと返事をして
いるということです。

 

 

またもうひとりの男子学生に対しては、最初の男子学の時と同じくまるで男子
学生の家にあたかも遊びに行ったかのように話をしていたということです。

 

 

小保方さんは、自分の思い込みで色々と物語を作ってしまう性格のようで、
2人の男子学生のうち、一人と恋愛関係に発展しないと分かるともう一人の
法と擬似恋愛関係に入るというまさに”不思議ちゃん”だったということです。

 

 

STAP細胞の論文が発表され、メディアに登場した小保方さんの姿を観た
高校時代の同級生たちは誰もが小保方さんの世紀の発見を疑いの目で
見ていたようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ