吉高由里子がNHK朝ドラのキャストと不破でバッシング!真相は?

3月31日からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の
ヒロインを演じる女優の吉高由里子さん(25)が週刊誌などから
バッシングを受けています。吉高さんに何があったのでしょう?

 

m_51-eef91

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

週刊誌では吉高さんは、NHK朝の連続テレビ小説では山梨県出身の
主人公を演じることになっていますが、その主人公がしゃべる方言は
うまく行かずNGを連発しているということです。
そして週刊誌は吉高さんお演技以外にその性格を象徴するような行動を
報道しています。

 

 

吉高さんは自分のシーンの収録が終わると共演者の収録シーンには目も
くれず控え室に戻ってしまうということです。

 

 

現在、吉高さんの主演ドラマは、横浜市緑区にある緑山スタジオで収録を
行っているそうですが、吉高さんは「こんな遠いところヤダ!」とダダを
こねていたそうです。

 

 

吉高さんは現在25歳、遊びたいさかりでお酒も大好きな若手女優で
知られています。

 

 

しかし、NHKの連続ドラマが始まった途端、毎日拘束される時間が長く
なった吉高さんにとってまさに”拷問”のような生活を余儀なくされている
耐えられないのでしょう。

 

 

NHK朝の連続テレビ小説のヒロインに選ばれることは、まさに”NHKの
朝の顔”ともうべき立場になるのでスキャンダルは御法度という厳しい
制約を受けることになります。

 

 

夜遊び大好き人間の吉高さんには事務所おからは”禁酒令”が出ている
ということです。

 

 

吉高さんが主演するドラマでは問題にタネはまだ残っているようで、
ドラマ内で吉高さんの妹役を演じる黒木華さん(24)が海外の映画祭
で賞を取ったあと、撮影スタッフがチヤホヤすると吉高さんは不機嫌に
なりスタッフを困惑させているということです。

 

005

 

 

 

 

 

 

 

またドラマでヒロインの母親を演じる女優の仲間由紀恵さん(34)との
「ダブルヒロイン」としてドラマの宣伝したことが吉高さんを激怒させて
スタジオの空気もピリピリさせているということです。

 

a8dacc19

 

 

 

 

 

 

 

波乱のスタートとなるNHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」ですが
様々バッシングを打ち消すような、吉高さんや共演者の演技に期待が
高まります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ