浅田真央の2014年世界選手権に韓国メディアがイヤミ!理由は?

3月27日にさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケート
世界選手権で女子ショートプログラムで高得点を得た浅田真央選手(23)
に韓国メディアは皮肉たっぷりのコメントをしています。

 

ma-080331-1

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

今回の世界選手権では浅田選手が過去に最高得点を出した韓国のキム・ヨナ
選手(23)が出した得点を上回る得点を出したことで韓国メディアは皮肉
交じりのコメントばかりを出すようになりました。

 

今回、浅田選手は全て演技でミスなく完璧にこなし高得点をマークしたことに
韓国メディアは”ホームアドバンテージ”と浅田選手が自国で行われた試合では
特典は甘く付けられると韓国メディアは伝えています。

 

キム選手が、今回の世界選手権に出場していないことで浅田選手は俄然注目を
受けていると皮肉たっぷりのコメントもしています。

 

韓国のスポーツニュースでは世界選手権を解説した解説委員は「浅田選手が最後の
選手権であり、日本が浅田選手を励ますお祭りの雰囲気」と酷評のコメントを寄せて
います。

 

また今回の世界選手権では「スポンサーの大半が日本企業で占めているので、日本人
選手に甘い点をつけている」と様々な理由をつけて今回の世界選手権を揶揄して
放送をしていたといことでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ