キムタクの宮本武蔵が視聴率低迷で高視聴率男の神話崩壊!結果は?

高視聴率男の神話が崩壊した象徴的な出来事が起こっています。

SMAPのキムタクこと木村拓也さん(41)主演で2日間に渡って放送
されたテレビ朝日系ドラマ「宮本武蔵」が当初の予想に反して低い
視聴率に終わったことに、テレビ朝日の上層部は落胆の色を隠せない
ようです。

 

e5a769bd7e38cfe49b2c8c31adc69e27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

今回、木村さんが主演したドラマ「宮本武蔵」は3月15日の1日目が14.2%、
16日の放送は12.6%と最低でも15%台を望んでいた関わらず、大きく期待を
外す結果となりました。

 

 

しかし、木村さんの高視聴率男の神話崩壊は今に始まったことではなく、昨年
放送されたTBS系ドラマ「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」で視聴率が
取れなかったことが既に証明されていました。

 

27854869

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木村さんはこの「宮本武蔵」ではカツラを使わず自毛を伸ばして撮影の望むなど
並々ならぬ力の入れようだったので、視聴率が取れなかったことに木村さん自身が
落ち込んでいると言われています。

 

 

木村さんは、ジャニーズのタレントのなかで、大河ドラマの主人公を演じたことが
ありません。

 

 

今回の「宮本武蔵」が高視聴率で終わっていたならば、大河ドラマの主演も狙えた
かもしれませんが、今回の結果で大河ドラマの主演は白紙になった模様です。

 

 

今回の「宮本武蔵」はテレビ朝日が破格の予算を投入したということもあり、
最終的には約5000万円もの赤字になるということです。

 

 

これに木村さんのギャラを含めると赤字額は膨大になると予想され、テレビ朝日
のドラマ制作の関係者たちはしばらくは頭の痛い日々が続くようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ