小保方晴子氏一人だけがSTAP細胞の論文を捏造?現在の行方は?

今回の「STAP細胞」の論文の捏造疑惑を調査していた理化学研究所は
「ユニットリーダーである小保方晴子氏(30)が単独で論文の捏造行った」
と結論づけています。

 

E5B08FE4BF9DE696B9E699B4E5AD90E38080E6ADA3E99DA2E38080E794BBE5838F

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

理化学研究所は論文の捏造は他の関与は認められず小保方氏1人のみが
論文の捏造を行ったとしています。

 

 

 

小保方氏は故意に論文を捏造?

 

小保方氏は今回の「STAP細胞」の論文が捏造されたことについて、論文の
捏造か所とされている2点の不正な部分は、故意に行ったわけではなく単純な
ミスにによるものとし、悪意のない間違えと主張しています。

 

 

また小保方氏は理化学研究所が出した結論には納得がいかない様子で近く
不服を申し立てるということです。

 

 

また小保方氏は「STAP細胞の発見事態があたかも捏造されたものだと
思われるのは心外として到底容認できないとしています。

 

 

 

 

小保方氏以外に論文の捏造に関与した人物は?

 

の理化学研究所の調査では、不正はすべて小保方氏のパートの部分で
見つかったとしています。

 

 

若山照彦山梨大教授(46)や笹井芳樹京大教授(52)のパートの部分では
不正な部分は見つかっていないということです。

 

 

sankein_snk20140311105_0-enlarge

sasai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、小保方氏は?

 

3月の時点で週刊誌記者が小保方氏にメールで一連の騒動について尋ねた
ところ、返信されたメールはアメリカのサーバーを通したものだったことから
アメリカにいるのではないかとウワサされています。

 

しかし、小保方氏の詳しい所在は分からないことから近いうちに行われるで
あろう 反論の会見を待つしかないようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ