小保方晴子氏行方不明ではなく現在神戸マンションに滞在!今後は?

「STAP細胞」の渦中の人物である理化学研究所のユニットリーダーである
小保方晴子氏(30)が行方不明となっていましたが、今回週刊誌が小保方氏
が神戸に滞在していたことを突き止めています。

 

2d03f5a9-s

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

「STAP細胞」の論文捏造疑惑が発覚後、消息が分からなくなっていた小保方氏
は一時「海外に逃亡したのではないか?」と伝えるメディアも出てきていました。

 

 

週刊誌記者が小保方氏を発見した時は、人目を避けるような格好はしておらず
派手なピンク色のコートという出で立ちだったそうです。

 

 

週刊誌記者は、渦中の小保方氏に一連の騒動についての質問を行った模様です。

 

 

今回の騒動について小保方氏自身はどう考えている?

 

小保方氏は今回の「STAP細胞」の論文捏造疑惑について、自身は細かなコメント
は避けたいと語っていたものの、”大きな力が働いている”と語っています。

 

小保方氏はすべての罪を自身になすりつけられることに憤っているということです。

 

そして、「STAP細胞」の論文の取り下げについては”到底承服できない”としています。

 

 

 

本当にSTAP細胞は存在するのか?

 

小保方氏は実際には実験では「STAP細胞」と「ES細胞」とを取り違えたのでは
ないのか?という問いかけに小保方氏は「絶対に存在する」と語っていたそうです。

 

そして小保方氏は、「私が死んでもSTAP細胞の現象は起きる!」と豪語していた
そうです。

 

 

 

今後は?

 

小保方氏は、何らかの形で説明の場を設けて、そこで全てにことを話すことを
約束しています。

 

海外では「STAP細胞」の作製に成功している研究所も出てきています、一日も
早い小保方氏の釈明会見が待たれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ