蟹江敬三が死去!体調不良の原因は胃がん!ガイヤの夜明け後継は?

個性派俳優でドラマや映画で活躍していた蟹江敬三さんが3月30日に
亡くなっていたことが分かりました。享年69歳でした。

 

MM-M93-0898

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

蟹江さんは、今年に入り、体調不良を理由にナレーションを担当していた
テレビ東京系情報番組「ガイヤの夜明け」を降板していました。

 

蟹江さんが病気療養中は、俳優の高橋克己さん(53)、寺脇康文さん(52)、
古谷一行さん(70)、長塚京三さん(68)らが担当しました。

 

蟹江さんナレーションのガイヤの夜明け

蟹江さん亡き後は、蟹江さんが降板した後に担当したナレーターの中で後継者
が決まるものと思われます。

 

蟹江さんの体調不良の原因は胃がんで、それも末期であったようです。
蟹江さんは内密に胃がんの治療に専念していましたが、容態が急変、
3月30日に亡くなられたということです。

 

蟹江さんは、東京都江戸川区出身、1966年TBSドラマ「おかあさん」で
初出演を果たしました。

 

最近では、昨年放送されたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロイン
天野アキの祖父である忠兵衛役を好演しまいた。

 

今年に入ってからは、体調を崩し、ナレーターを勤めていた「ガイヤの夜明け」
を急遽降板し休養していたということです。

 

蟹江さんは自身がガンに犯されていることは誰にも話したはいなかったようで、
訃報を受けた蟹江さんを知る人たちは驚きを隠せないようです。

 

蟹江さんは、その強烈な個性から、刑事役やそれとは真逆の犯人役のどちらでも
こなせるバイプラーヤーとして、ドラマや映画には欠かせない俳優さんひとり
でした。

 

謹んで、蟹江敬三さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ