AKB48選抜総選挙2014でSKE48での辞退者が続出!原因は?

今年も6月7日に、東京・府中の味の素スタジアムで行われる「AKB4837th
シングル選抜総選挙」の立候補のメンバー公式斎藤で発表されましたが今年
は少し異変が起きています。

 

top_img_end

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

選抜総選挙は今年で6回目を迎えますが、今年の選抜総選挙は例年の選挙とは
少し様子が変わってきています。

 

選挙制度は前回と同じく、”立候補制”をとっていますが、昨年とは違い、辞退者が
多くなっています。

 

選抜総選挙でセンターを取れば各ユニットの”エース”としての存在が約束されて
いますが、今年は様子が違います。

 

 

SKEで辞退者が続出!

 

今回の選抜総選挙では、立候補の辞退者が全体で12人も出ています。

 

中でもSKE48のメンバーでの辞退者が飛びぬけて多くなっています。

 

今回行われる総選挙の立候補の辞退者は9人が卒業を予定しており、
残り4名のうち1人は休養中だということです。

 

芸能ライターによると、今回の総選挙の立候補辞退者は殆どが、卒業を
予定していると言うことです。

 

先に6月に卒業をする大島優子さん(25)に刺激されたのでしょうか?
大島さんもAKB時代は色々ありました。→http://kumanetbiz.com/3742.html

 

SKE48に何が起こっている!?

 

今回SKE48からの選抜総選挙の辞退者は、金子栞さん(18)、後藤理沙子さん(16)
中西優香さん(25)、加藤智子さん(26)、高塚夏生さん(13)、水埜帆乃香さん(18)、
井口栞里さん(19)、加藤るみさん(19)、空見夕日さん(14)の9人です。

 

SKE48では昨年には11thシングル「チョコの奴隷」が53万9000枚を売り上げてましたが、
それをピークに徐々に売り上げ枚数が減少しています。

 

やはり本家AKB48に追いつくためには、SKE48では無理だと思ったメンバーたちは
SKE48での活動に見切りをつけたのでしょうか?

 

 

今回の総選挙辞退者が増えた現象が、来年も引き続き起こるようであれば、AKB48
以外の各ユニットは対策を考えなくてはならない時期に来ているのではないのでしょうか。

One Response to “AKB48選抜総選挙2014でSKE48での辞退者が続出!原因は?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ