イチロー試合ではレーザービーム炸裂でも副業ではトラブル続き!

アメリカのメジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手(40)
が不動産にトラブルに見舞われているということです。

 

mlb12072414370018-p1

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

イチロー選手は、試合ではレーザービーム炸裂、瞬足ランナーを制しています。

しかし、私生活ではなのかとトラブルが続いているようです。

 

 

副業がうまくいっていない?

 

イチロー選手は、副業で2005年3月にアメリカ・カリフォルニア州に自らCEO
(最高経営責任者)を務める資産管理会社を設立していました。

 

イチロー選手がCEOを務める会社は、イチロー選手がメジャーリーグ以外での
収入を管理するということです。

 

しかし、この会社はイチロー選手のマネージンメントを管理するばかりでなく、
弓子夫人もCFO(最高財務責任者)就任、弓子夫人がシアトルで手がける美容
サロンも手がけているということです。

 

今回のトラブルは、会社の経営の問題ではなく、会社が手を出した不動産投資
にあったようです。

 

ビジネスパートナーの責任を取らされる?

 

イチロー選手は不動産のビジネスパートナーとして顧問に迎えたG氏(仮名)が
不動産トラブルに見舞われ、その連帯責任を取らされたようです。

 

G氏は事前に値上がりを見越して不動産を購入、値上がりしたところで、売却し
差益を得ていましたが、今回は不動産投資に失敗した模様です。

 

G氏は将来売却を考えていた土地の調査をさせた土建会社から、調査費用として
1億5千万を請求されましたが、支払うことが出来ず、土建会社から民事訴訟を
起こされてしまったということです。

 

イチロー選手もG氏を抱えている責任を取らされることになり、イチロー選手の
会社が訴えらてたということです。

 

今回の騒動ではG氏はイチロー選手にはあまり相談をせず、単独で行った模様ですが
出資金の出処がイチロー選手の会社から出たこともありイチロー選手が巻き込まれた
かたちになったようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ