小保方晴子がワンピース姿での会見で弁護団が力を発揮!それは?

一時は体調不良で記者会見が危ぶまれた、理化学研究所ユニットリーダーの
小保方晴子さん(30)のSTAP細胞の論文捏造疑惑に対する釈明の記者会見
でしたが、特に大きなトラブルもなく終わりました。

 

4ba13e168250737983654bb87239114b-233x300

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

今回のSTAP細胞の論文の捏造疑惑に対しては小保方さんはきっぱりと否定
はしているものの、STAP細胞の再現方法にはあいまいな説明をしていました。

 

 

今回の騒動での疑問はあまり払拭されませんでしたが、記者会見での混乱は
なくスムースな会見で終わったことは確かなようです。

 

 

また今回の記者会見がスムースに終えることができたのは、小保方さんを補佐する
弁護団が完璧なほどの準備をしていたからだという声もあがっています。

 

 

会見では最初緊張して、顔が引きつっていた小保方さんも弁護団の絶妙な
仕切りで次第に表情も穏やかになってきたということです。

 

 

そして、記者側を受け入れる際、きっちりとしたルールを作らず、ある程度ゆるく
設けたのも今回の会見を無事に終える結果をもたらしたのかもしれません。

 

 

会見では記者を指名するときも終始笑顔を絶やさず和んだ雰囲気で会見を
終えることができたのもひとえに、強力な弁護団のお陰であったのかもし知れません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ