妖怪ウォッチ!入荷日を調整して希少感を上げる?真相は?

現在品薄状態で、入荷日が待たれる人気ゲーム機「妖怪ウォッチ」ですが、
なかなか手に入らない状態にある疑問が沸いてきています。

 

妖怪ウォッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

人気ゲームソフトの「妖怪ウォッチ」が入荷日を調整、希少感をあおる
ことで人気を高めていると、想像してもおかしくない状況になっています。

 

 

現在「妖怪ウォッチ」は小学生の男の中では大ブームになっています。

 

 

「妖怪ウォッチ」は2013年7月にニンテンドーから発売された3DS用の
ゲームソフトです。

 

 

「妖怪ウォッチ」のゲーム内容は、主人公のケータとフミちゃんが
”不思議な時計”の「妖怪ウォッチ」で妖怪を探し、友達にしていく
という内容のゲームです。

 

 

このゲーム自体は斬新なゲーム内容ではないのですが、マニアの間では
手に入らない状態になっています。

 

 

ネットでも「妖怪ウォッチ」の入荷日が話題になるほどの過熱ぶりですが、
今回「妖怪ウォッチ」がここまで人気になった背景には、なかなか手に
入らない状態がますます人気拍車をかけたのではないでしょうか?

 

 

つまり、ソフト自体は焼き増しでそほどは生産が追いつかなくなるとは
思えません。

 

 

入荷があるのに手に入らない状況にあるのは入荷日を調整して、すぐには
手に入らない状態を作っていると想像も出来ます。

 

 

なかなか手に入らないものほど希少感が高まり何とかして手に入れようと
する心理を巧みに利用した販売戦略であれば、この先ヒットを続ける
ゲームになることは間違いありません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ