野々村竜太郎県議が会見後に次々と疑惑噴出!家電に80万円支出!

号泣会見ですっかり有名になった兵庫県議会議員の野々村竜太郎氏(47)に
また新たな疑惑が持ち上がっています。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

野々村議員は不自然な政務活動費の支出問題で、今度は家電製品の購入で新たな
疑惑が持ち上がっています。

 

 

野々村議員は泣きじゃくった会見後の新たに政務活動費の使い道で、家電品に80万円
以上もの支出があったことが明らかになっています。

 

 

野々村議員は2013年度の政務活動費として切手代約176万円に支出があったことが
収支報告書に記載で分かりましたが、それ以外に政務調査費として家電製品を購入、
80万円以上の支出があったことが明らかになりました。

 

 

 

野々村議員の収支報告書によると、切手代は「事務費」の一部として、135回にわたり
計176万2700円支払ったと記載されていました。

 

 

 

後援会の会員に会報を送る時などは、郵便局に一括で代金を支払うのが普通で、切手を
使うことはほとんど無いということです。

 

 

 

野々村議員は大阪市内の家電量販店でアンプやデジタルカメラ、パソコンやプロジェクターなど
合計80万円以上の家電品を一括購入したということです。

 

 

野々村議員はこれらの家電品の購入を政務調査費として計上しており波紋を呼びのは
必至だということです。

 

 

野々村議員の地元の市民オンブズマンとしては、これ以上疑惑が上がれば監査請求も
検討するということです。

 

 

これらの疑惑に対して、今度は泣きじゃくらないで説明をして欲しいものです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ