ASKAが20年以上も前から覚醒剤常用を供述!別の女のも勧める?

5月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された、人気デュオのCHAGE & ASKAの
ASKA(56)が警察の取り調べで、20年以上に前から覚せい剤を供述している
ことがわかり話題になっています。

 

ASKA_110212_01-thumb

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

ASKA容疑者の供述によると20年以上前から覚せい剤を使っていたことを
供述していたことで芸能界で衝撃が走っています。

 

 

ASKA被告は昭和54年にデビューしていますので、平成5年ころはテレビに
ドラマが他手続きにヒットしていて、「YHA YHA YHA」が大ヒットして
いた時もすでに薬物を摂取していたことになります。

 

 

 

ASKA被告は、その後のASKA被告は、目黒のマンションで一緒に逮捕された
栩内香澄美容疑者(37)とは別の女性とも愛人関係があり、また薬物の一緒に
摂取していた疑いを持たれています。

 

 

この20年の間に知り合った物の女性にも薬物を勧めていたのでしょうか?

 

 

噂の「別の女性」は過去大物フォーク歌手”I”の愛人だったというウワサに
なっていましたが、もしASKA被告がその別の女性に薬物を勧めていたと
すれば、もしかしたら元愛人だったフォーク歌手の”I”も何らかのかたちで
薬物を摂取していたという疑惑も浮上してきます。

 

 

ASKA容疑者と接点のある人物は、薬物摂取の疑惑が持たれています。

 

 

0e9a5512

 

 

 

 

 

 

 

 

その渦中の人物とされている、野球解説者の清原和博氏(46)も噂が
持たれて、心中穏やかでない生活を送っているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ