小保方晴子STAP細胞再現できずピンチ!自殺予防のため現在監視生活

理化学研究所のユニットリーダーの小保方晴子氏(31)が200回も
再現ができたとするSTAP細胞について理科学研究所の調査委員会では
「STAP細胞は今のところ再現ができていない」という中間報告を
だしました。

 

 

4ba13e168250737983654bb87239114b-233x300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

小保方氏は現在STAP細胞の再現、証明するための調査委員会と共同で
STAP細胞の再現実験を行っていますが、プライベートでは自殺防止の
ため、24時間監視体制での生活を送っているということです。

 

 

小保方氏の提唱したSTAP細胞は今のところ再現することができない
状況にありますが、これが完全に再現ができなきとなれば、小保方氏に
対する懲戒処分は必至となる模様です。

 

 

また外部からは現在小保方氏がSTAP細胞の検証チームで検証実験をして
いることにも批判が上がり、再現できないSTAP細胞の検証実験はあまり
意味がないと指摘する意見も出されているということです。

 

 

検証実験で現在まで、STAP細胞の遺伝子が万能性を示すような光り方が
確認できなかったことで、STAP細胞の再現はますます困難状況に追い込まれ、
小保方氏は絶対絶命のピンチに陥っているということです。

 

小保方氏は、STAP細胞が完全に再現することができなっなったことを
結論づけられれば、自殺をする可能性が出てくるため、現在以上の管理
体制に置かれることは間違いないと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ