玉山鉄二はドラマ「マッサン」英語が苦手で降板寸前!?真相は?

NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」でヒロインの夫の役を務める
俳優の玉山鉄二さん(34)がセリフの中で使う英語に苦労している
ようです。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ドラマ「マッサン」では、妻の亀山エリーとの会話では一部吹き替えが使われて
いるようです。

 

 

ドラマ「マッサン」では、ヒロインのシャーロット・ケイト・
フォックスさん(29)が日本語があまり上手ではないのと、玉山さんが英語が
苦手ということで2人の会話は重要な場面では吹き替えを使っています。

 

 

 

 

ドラマ「マッサン」のでは出足は良好で、初回の放送時の視聴率は21.8%と
初回の視聴率ではその前に放送された「花子とアン」に並ぶ高視聴率で
スタートしました。

 

 

元々、ヒロイン自身も、日本語の難しさゆえに夫のことを「マッサン」と呼んでいる
ように英語が苦手でもそれなりのドラマの展開になっています。

 

 

ドラマ「マッサン」ではヒロインを演じるフォックスさんと玉山さんが
流暢な英語で会話をしていたのであれば、視聴者からはドラマはまた
違った印象を与えたかも知れません。

 

 

 

ドラマ「マッサン」はまだ始まったばかりなのでこれからのドラマの展開で、
2人が英語で会話をして、字幕訳で観られることはあるのでしょうか?

 

 

 

今後のドラマの展開が楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ