畑山亜梨紗のセミヌードや破局報道は売名バレバレ!その証拠は?

元AKB48で女優の畑山亜梨紗さん(23)が売名バレバレの行動で批判を
浴びているようですが、真相はどうなのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

畑山さんは、明治天皇の玄孫で憲法学者で憲法学者の竹田恒泰氏(38)との
交際が報じられると、セミヌード画像なのどを発表し話題を集めていました。

 

o0480056012324567957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一連の畑山さんお行為は売名バレバレの行動であると批判が殺到して
いるようです。

 

 

 

畑山さんは、10月5日に出演していたTBS系の情報バラエティー番組「サンデー・
ジャポン」に出演した際、竹田氏との破局について「ニュースを見て知った。
私はまだお付き合いしていると思っていた」と告白していました。

 

 

 

畑山さんは出演していた番組内では竹田氏とは真剣交際をアピールして
いましたが、竹田氏との交際が報道されるや否や、週刊誌に大胆な
セミヌードを披露したり、イメージDVDの発売も控えていることから
「売名だったのでは」と批判の声が相次ぐようになったといいます。

 

 

 

 

畑山さんは、番組内で共演者から、竹田氏とんの交際報道に対して、「真剣交際
とまではいっていない」などの批判を浴びせられていましたが、そこでは批判に
対いて、なのも言い訳ができない状況であったそうです。

 

 

 

 

畑山さんはセミヌードや売名バレバレの行為でも芸能界での生き残りを
かけているようで、竹田氏は利用されているとの声も上がっているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ