日本エレキテル連合の衣装とネタ全て橋本が担当!意外な素顔とは?

現在ブレーク中のお笑いコンビ・日本エレキテル連合の二人の
意外な素顔が話題になっています。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

日本エレキテル連合がコンビを結成したのは2007年で、苦節7年目で
ブレークしました。

 

エレキテル連合はコンビ結成するにあたって、「朱美ちゃん」扮する
橋本小雪さん(30)が「細貝さん」役の中野総子さん(31)の土下座して
結成したコンビであったため、必然的に上下関係が出来上がってしまった
ようです。

 

コンビの内では中野さんの”独裁体制”になっており、中野さんはコントの
ネタつくりや衣装を担当しているということです。

 

 

一方の橋本さんは、それ以外のことを行っているということです。

 

 

橋本さんは、主に家事全般から近所づきあいまで担当しているという
ことです。

 

 

しかし、中野さんの”独裁体制”は変わらず、橋本さんは中野さんのご機嫌を
取りながらコンビを続けているという意外な素顔を見せています。

中野さんは、自分の都合をが通らないと怒って「解散だ!」と吐くため、
橋本さんは、たとえ二人が決めて行っている分業して途中でやめても
中野さんに合わせているようです。

それでも中野さんと橋本さんは、ネタ作りと衣装を担当して、二人は50:50の
対等関係を思っているようです。

恐らく、この次のネタでも中野さんが全て決めたことに橋本さんが
従うので自身が不満に思っているとしても淡々と芸をこなすもものと
思われます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ