高倉健と江利チエミとは仮面夫婦だった!?真相は?家族は?

11月10に悪性リンパ腫で亡くなったいた俳優の高倉健さん(享年83)の
知られざる私生活が明かされようとしています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

健さんは生前、唯一の結婚相手であった、故・江利チエミさん(享年45)との
結婚生活が結婚15年目に破局を迎えましたが、その離婚の原因については、
チエミさんの親族のトラブルによるものとされていました。

 

 

 

しかし、ここに来て、健さんと江利さんとの離婚の原因が別にあることが
明かされつつあるようです。

 

 

当初、健さんとチエミさんとの離婚の原因は、チエミさんが親族の多額の
借金を背負うようになったため、健さんへの波及を防ぐため、仕方なく
離婚に至ったということが、通説になったいました。

 

 

しかし実際の離婚の真相はどうだったのでしょうか?

 

 

 

チエミさんとは”仮面夫婦”である疑念も拭いけれません。

 

 

過去に健さんと映画で共演をしたことがある、タレントの坂東英二さん(74)が
健さんとの映画の撮影の合間に色々話をしているうちに、チエミさんとの
離婚についての話になったということです。

 

 

坂東さんが健さんがチエミさんとの離婚の原因について聞いたところ、健さんは
早朝外出するため家を出ようとしているとき、チエミさんが起きてきて健さんに
「私、このあと、どうしたらいいの・・・」と聞かれたそうです。

 

 

その言葉を聞いた健さんは、チエミさんとの結婚生活はこれ以上は無理だと
判断、離婚に至ったということです。

 

 

初めは、相思相愛で結婚したものの、その後はお互い愛情が冷め、世間でいう
”仮面夫婦”を演じていたという疑惑も発生します。

 

 

健さんは離婚後は唯一の家族である妹家族と連絡をとりあっていたらしく、
特に甥のことには親身になって世話をしていたということです。

 

 

健さんは、最後は血のつながった妹さんの家族に見とられて旅立ったようです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ