アギーレ監督が八百長疑惑で告発される!解任は必至!?後任は?

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督(56)がサッカーでの
試合で八百長が行われたとしてスペインの検察から告発され、今後の
進退が危ぶまれています。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

スペイン検察の反汚職局は、2010年から2011年にかけてスペイリーグ
「サラゴサ」での監督時代に行ったとされる八百長疑惑で現在サッカー
日本代表のハピエル・アギーレ監督を今月15日に告発しています。

 

 

当時アギーレ監督が率いていた「サラゴサ」は下部リーグへの降格の
危機を背負いながのリーガエスパニョーラ最終節に「レバンテ」との
試合で2対1で勝利を納めたものの。その試合に疑惑が持たれていました。

 

 

当時、サラゴサの会長であったアガピト・イグレシアス氏が対戦相手で
ある「レバンテ」側にお金を手渡したという疑惑が持たれています。

 

 

「サラゴサ」は対戦相手である「サラゴサ」に約100万円ものお金が
渡ったとされ、その結果「レバンテ」は試合でわざと「サラゴサ」に
負け、「サラゴサ」は下部リーグへの転落を免れたということでした。

 

 

 

今回、バレンシア裁判氏は告発を受理し、近くアギーレ監督を含めた
関係者を起訴する手続きを行うとしています。

 

 

裁判が長期に長引けば、アギーレ監督の解任は必至になり、このまま
ワールドカップに影響が出るのであれば、新たに後任の監督の人選に
話題が集まるものと思われます。

 

 

 

ワールドカップでは、監督は外国人の監督以外に日本人監督の待望論も
あり、現在活躍中のJリーグの監督から後任が現れる可能性も高まって
来ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ