イスラム国は日本人の人質を斬首しない?その理由は?身代金払う?

内戦続くシリアでイスラム国に拉致され殺害予告がされている
フリージャーナリストの後藤健二さん(47)と湯川陽菜さん(42)の
開放をめぐってギリギリの交渉を模索しているようです。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

身柄を拘束された2人はこのまま斬首されてしまうのでしょうか?

 

 

イスラム国に身柄を拘束され、斬首予告さてれいる2人に対する
開放に向けた交渉は依然進展が見られているようです。

 

 

イスラム国は当初、2人の家族に法外な身代金を要求していたの
ですが、当然身代金を払える訳もなく、交渉先を日本国政府に
代わったということです。

 

 

湯川さんは、混迷続くシリアでビジネスを行うべく単身渡航、
シリアで身柄を拘束されてしまいました。

 

 

湯川さんはシリアに向かう前、ジャーナリストの後藤さんにシリアの
情勢についてアドバイスを受けていたようです。

 

 

 

しかし、湯川さんはイスラム国で身柄を拘束されてしまいました。

 

 

後藤さんは、湯川さにアドバイスした責任を感じていたようで、
後藤さんは湯川さんを探し出す目的で今回、シリアに渡航した
ことがわかっています。

 

 

 

肝心の人質開放の交渉ですが、今のところ接触はないものの、
イスラム国も資金が欲しくて仕方がないのは明白なうようで、
初めは法外な金額を要求してきましたが、徐々に値を下げて
くる可能性もあります。

 

 

 

日本政府もイスラム国の情勢は分析済で交渉を有利に運ぶための
機会を待っている可能性もあります。

 

 

 

もし、イスラム国が身代金を大幅に避け、極秘に人質を解放する
可能性は充分にありえます。

 

 

 

今後の政府の交渉を見守りたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ