イスラム国は日本人人質をすぐに開放しない!?交渉材料に利用?

イスラム国に身柄を拘束され、人質となったフリージャーナリストの
後藤健二さん(47)が今度はイスラム国のあらゆる取引の交渉材料に
使われる懸念が出てきました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

後藤さんより前に、人質となってしまった湯川陽菜さん(42)は今回の
交渉では、残念なことに殺害されてしまいました。

 

イスラム国は、日本政府が、高額な身代金の支払いを拒否したことから、
お金を要求しても身代金は支払えないと考え、人質交渉の方向を転換
したようにも考えられます。

 

 

後藤さんの開放に向けて、日本政府が奔走している中、イスラム国は
ヨルダンで自爆テロを起し失敗、ヨルダン政府から死刑判決を受け
収監中のジャド・カルブリ死刑囚との交換材料に後藤さんを使い
始めました。

 

 

イスラム国は、日本政府を使ってヨルダンにいる死刑囚を開放させようと
揺さぶりをかけてきていますが、日本政府が、ヨルダン政府が捕らえた
囚人の解放を要求すれば、内政干渉にもなりかねません。

 

 

 

ヨルダン政府としても、イスラム国に自国の空軍パイロットが身柄を
拘束されているので、そちらの方を優先させたいうと考えているようです。

 

 

 

イスラム国は、中東諸国に日本が経済的に貢献していることを見透かして
いるようで、お金意外に様々な取引材料に日本人人質を使う可能性が
高くなってきました。

 

 

 

そうなると、後藤さんの開放にはまだ少し時間がかかると予想されます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ