SMAP解散は木村が子供を守る行動が引き金になった!?真相は?

平成28年12月31日をもって解散を発表した、SMAPの今回の
解散劇には、メンバーの木村拓哉(43)が自ら子供や家庭を
守る行動が、解散の引き金になったとすいる見方が出てきて
います。

 

真相はどうなのでしょう?

 

Sponsored Link

 

 

 

 

事の発端は、平成28年1月に起きた、SMAPのメンバーたちに
よる独立騒動でした。

 

 

SMAPのジャニーズ事務所からの独立騒動は、SMAPの
チーフマネージャーの飯島三智氏(57)のジャニーズ
事務所を2月に退社することが決定したことから
始まりました。

 

 

飯島氏はSMAPのメンバーにとっては育ての親のような
存在でした。

 

 

飯島氏を慕うSMAPのメンバーたちは、飯島氏がジャニーズ
事務所を退社し、新たに事務所を設立した後、飯島氏の
事務所に移籍するため、ジャニーズ事務所からの独立を
考えていました。

 

 

 

SMAPのメンバーの中では、中居正広(43)、稲垣吾郎(42)
草薙剛(41)、香取慎吾(38)が独立の意向を示していました。

 

 

 

 

しかし、SMAPのメンバーの中で木村拓哉(43)だけが、
ジャニーズ事務所に留まることを決めました。
 

 

当初、木村自身もジャニーズ事務所を飛び出し飯島氏の
新事務所で活動していこうと考えていたものと思われます。

 

 

しかし、木村は妻である工藤静香(46)の強い説得を受け
ジャニーズ事務所にとどまる事を決断しました。

 

 

木村以外のメンバーはジャニーズ事務所から独立し、
飯島氏の事務所から芸能活動を行おうと考えていました。

 

 

しかし木村自身がジャニーズ事務所に留まることから、
やはりジャニーズ事務所を敵に回して芸能活動を行うのは
困難と考え、ジャニーズ事務所に残ることを画策し始めます。

 

 

そして、SMAPのメンバーが木村主導でテレビで謝罪する
という前代未聞の独立騒動への謝罪会見となったのでした。

 

 

 

なぜ木村拓哉はジャニーズ事務所残留を決めた?

メディアでは、木村は妻である「工藤静香(46)の説得に
よってジャニーズ事務所に留まる決意をした。」と伝えて
います。
 

 

妻帯者である木村は子供の将来を考えて、ジャニーズ
事務所に留まり、たとえSMAPが無くなっても事務所から
仕事が与えられるの最大の決断のポイントと考えられます。

 

 

 

木村は子供や家庭を守るため事務所を出ない!?

 
木村と工藤は平成12年12月5日に結婚、平成13年5月1日には
長女を、平成15年2月5日には次女を設けています。

 

SMAPのメンバーの中では唯一の既婚者であり、家庭のある
身分です。

 

 

 

独身である他のメンバーたちとは立場が違ってきます。

 

 

妻である工藤は当然、経済的な安定を求めます。

 

 

ジャニーズ事務所から独立した際は当然ながら”SMAP”という
グループ名は使えません。

 

 

メンバー5人はいわば”SMAP”というブランドの中で活躍
してきており”SMAP”というグループにファンがついて
います。

 

メンバー5人がジャニーズ事務所を辞めて、”SMAP”以外の
グループ名で活躍出来る場があるのでしょうか?

 

 

先にジャニーズを辞めていったアイドルたちの末路を
目にしている工藤は、木村にたった一人になっても
ジャニーズ事務所にとどまるよう説得をしたに違い
ありません。

 

 

 

木村自身も初めはジャニーズを飛び出して、飯島氏が新しく
作った事務所から、メンバーは変わらないものの、”SMAP”では
なく別のグループ名で本当に活躍が出来るか、考えていたに
違いありません。

 

単独でドラマでは高視聴率を得ていた木村でしたが、
ジャニーズ事務所を出て新しい事務所で今ままでのような
仕事が出来るかは不透明どころか、明らかに仕事が減るのは
目に見えています。

 

 

 

木村の子供たちも、もうすぐ就学を迎えます。

 

 

芸能人たちの子息は有名私立の小学校や中学校に通わせて
いる親は少なくありません。

 

 

授業料も年間数百万円も私立の小中高はたくさんあります。

 

 

木村も工藤も子供たちの将来を考えると、良い学校に
通わせたいと思うのが親心です。

 

 

そのためにも、安定した収入を確保しなくてはなりません。

 

 

 

仕事を与えその安定した収入を確保してくれるのが、まさに
ジャニーズ事務所だったのかも知れません。

 

 

ましてや、芸能界で絶大な力を誇るジャニーズ事務所
を敵に回して、不安定な収入のもと家族を養っていく
ことは木村にとってかなり難しい選択になってきます。

 

 

 

他のメンバーたちも木村のように妻帯者であったら、
今回のような解散を考えたでしょうか?

 

 

 

 

SMAPの解散どころか、より結束してジャニーズ事務所
留まろうするに違いはありません。

 

 

 

SMAPは今年中で解散してしまいますが、メンバーたち
はまだジャニーズ事務所を辞めたわけではありません。

 

 

 

あくまでも憶測ですが、木村以外のメンバーは一人の
タレントとしてメディアでの仕事を持っています。

 

 

そして、現在SMAPメンバー全員が請け負っている
仕事はジャニーズ事務所か与えられいるものです。

 

 

 

ジャニーズ事務所を飛び出したら、今までやってきた
仕事はなくなります。

 

 

来年、つまり平成29年の6月にジャニーズ事務所との
契約の更新がやってきます。

 

 

 

木村は当然ジャニーズ事務所との契約を更新すると
思いますが、他のメンバーたちはどうするでしょう?

 

 

 

考えられるのは、ジャニーズ事務所のタレントとして
そして「木村拓哉」とは共演しない仕事をする。

 

 

 

もしくは、茨の道を選択、飯島氏が事務所を設立した
ならばその事務所に移籍して活動の場を見つけるため、
ジャニーズ事務所との契約更新を行わない選択肢を
とる可能性があります。

 

 

 

いずれにしても、今年末から来年の6月までに重大な
局面を迎えることは確かなようです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ