押尾学現在は獄中生活で悲鳴!後藤祐樹タトューでイジメの対象に

最近発売の女性週刊誌で押尾学受刑者が刑務所内の劣悪な状況を
綴った手記が公開され言いますが、ゴマキの弟で最近刑務所を
出所した、後藤祐樹さん(26)が刑務所内の実情を語っています。

PN2010010401000331_-_-_CI0003

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

2007年に銅線強盗の罪を犯し、昨年10月まで服役。今年4月24日に
自叙伝「懺悔~ゴマキの弟と呼ばれて~」(ミリオン出版)を出版し、
今や”話題の人”となっている元EE JUMPも後藤祐樹さんが取材で
刑務所内に実情について答えていました。

040799

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤さんは取材のの中で「刑務所の手紙は施設のチェックを受ける
受けるので、本当にひどい内情は書けない。たとえばイジメとかです。
刑務所内はイジメが蔓延しています。自分も受けたことがあり、特に
有名人だと目をつけられやすいんですよ。」

 

取材でどういうイジメを受けたのかという問いかけに後藤さんは「刑務所
内では先輩の言うことは絶対で、まず、軽いイジメだと”シャリ上げ”です。
ご飯は刑務所内の数少ない楽しみですが、下っ端だと、オカズとか先輩に
取られるんです」と答えています。

 

押尾受刑者の場合、独居房で暮らしているので朝食と夕食は問題はない
でしょうが、昼食は工場のメンバーと一緒に食べているはずとのことです。

 

押尾受刑者は、刑務所内の食事はカロリー不足と訴えていますが、”シャリ上げ
も影響しているのか、気になるところです。続けて後藤さんに”重いイジメ”だと
どういうものがあるのか尋ねたところ、

 

「自分の場合、無理やり気持ち悪い虫を食わされたり、メシの上に精子を振り
かけられ、それを食えって言われたこともあります。また暴力も日常茶飯事です。
でも一番こたえるのは”言葉の暴力”で『使えねーな、クズ』とか一日中言われ
続けると、精神的に病んじゃいんすね」

 

取材の中、インタビューに答える後藤さんは、イジメは先輩からだけではなく、
刑務官も嫌がらせをして来るそうです。

 

後藤さんの話によれば「もちろん、いい先生もいらしゃったんですけど、中には、
二日酔いで機嫌が悪いとき受刑者に八つ当たりしてくる人もいました。
体を洗う際、本当ならお湯を使えるところにも行けたのに、先生がそこに行くのが
面倒なので、真冬の寒い中、真水で体を洗わさされたりもしました。自分は閉所
恐怖症の傾向があったが、わざと独居に入れられた事もありました」と刑務所内
の実態を語っていました。

 

押尾受刑者がどのような状況に置かれているのかはわかりませんが、後藤さんと
同様、目を付けられやすい存在であることは違えありません。特に後藤さんは
目に付くほどのタトゥが入っており格好のイジメの対象になったのかも知れません。
押尾受刑者も出所後、刑務所の体験を後藤さん同様に手記に残して欲しいものです。

 

 

押尾受刑者は少なくとの2015年7月以降になると思われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ