<

まえがき

読者はどのような経路をたどって自身のブログにやって来たのかが分かれば、
ブログに誘導する対策もできます。

私もブログを書き始めたころは、アクセス解析のことはあまり気にしていませんでした。

だから、書きたいものがあれば、読者の興味とか気にせずただ書いていました。

ブログの閲覧数が伸びないのは、ただ読者が記事に興味がないものだと思っていました。

読者が付かない記事を書いてもやがて飽きてしまいます。

やはり読者が付いてこそ、記事の書きがいがあります。

そのため、ブログのアクセス解析は重要になってきます。

ブログを書き始めたころは誰も見てくれません。

ある程度記事が出来たころに数人の読者がつきます。

その読者がどのように検索して自身ののブログに来たかを知れば、逆にどのような
キーワードを使って記事を書くと読者が寄って来ることも可能になってきます。

ブログは言わば日記みたいなものなので書きたいことを書けばいいのですが、不特定多数の
人たちに読んでもらいたいと思うのであれば、読者のニーズに応える記事を書かなくては
なりません。

そのためブログのアクセス解析をして読者の動向を知る必要があります。

自身のブログに来た読者はどのような行動をするのかが分かればブログ運画に
役にたちます。

 

アクセス解析でわかること

アクセス解析とは自身が作ったブログ内で読者がどのような行動をとったかを
把握し、もしブログでアフィリエイトをするのであれば、成約にに繋げる
行動をすることができます。

どの媒体を通してアクセスが来ているのか

ブログに記事を見るのには、色々な媒体があります。

パソコンのあるかた人はパソコンから、スマートフォンを持っている人は
スマートフォンから、携帯電話からアクセスしてくる人もいます。

パソコン、スマートフォン、携帯電話ではブログの映り方が違い増す。

どこからのアクセスが一番多いか?

例えばパソコンからのアクセスが多い場合、パソコンユーザーが
見やすいレイアウトで記事を書く必要があり、記事の読者がほとんど
スマートフォン経由であれば、スマートフォンでも読みやすい
記事のレイアウトをする方がベストです。

どのようなキーワード検索で自分のブログにきたのか?

自分のブログの記事を見ている読者はどこからきたのか?

例えば、なにかを検索して自分のブログにきた読者はどのような
キーワードを入力して検索してきたのかが分かれば、そのキーワードが
反映された記事を書けばより多くの退くの読者を集めることが出来ます。

どの記事が多く読まれているのか?

ブログの記事をいくつ書いても全てが読まれている訳ではありません。

当然読まれる記事。あまり読まれない記事が出てきます。

アクセス解析で多く読まれている記事があれば、より多く読者を
集めるため、記事の加筆などを加え、記事のボリュームを
上げることもできます。

逆にあまり読まれなかった記事にたいしては、記事のタイトルや
記事の内容を再検討する余地も残されます。

どのくらい間自分のブログに滞在しているのか?

読者は検索であなたのブログに訪れて来て、どのくらい滞在してあなたの
記事が読まれていたのか?

自分のブログに長く滞在している人は、あなたのブログの色々な記事を
読んでいるに違いありません。

ブログでの滞在時間が長ければ長いほど、あなたのブログには読者を引き付ける
魅力があるということになります。

アクセス解析に必要なツール

ブログへのアクセス解析ツールとして有名なのが「グーグルアナリティクス」です。

これはグーグルが提供する無料ツールです。

グーグルアナリティクスではブログにやって来た読者の行動が分かります。

読者の行動パターンが分かれば対策を施すことが出来れば、より多くの読者を
ブログに誘導することが可能になってきます。

ブログアフィリエイトを考えている方はツールを使って自身のブログを分析する
ことは必須になってきます。

 

グーグルアナリティクスで分かること

自身が書いた記事がしっかり読まれているかは、グーグルアナリティクスを見ると
ある程度分析ができます。

ユーザー分析

セッション数

つまりブログに何人来たかが分かります。

ユーザー数

何人が1度でもブログに来たらカウントされます。

ページビュー数

ブログの記事の何ページが読まれたかが分かります。

平均セッション時間

ブログに訪れた読者の滞在時間が分かります。

ページ/セッション

ブログに訪れた読者が平均何ページ見たかが分かります。

直帰率

直帰率とは自身のブログに訪れた読者が1ページ目で去っていく
割合のことです。

どうすれば、読者は2ページ以降に進んでもらえるのか、研究材料に
なります。

 

アクセス解析で自身のブログを分析

まだ立ち上げた。厳密に言えばしばらく放置してまた再開したブログですが
過去に数記事書きあげていたので少しはビュー数があります。

 

このグラフを見ると、まだ書き始めたばかりなので、ユーザー数は96人その中で
新しくブログに訪れた読者は新たに訪問してきた人は90人。

つまり、常連として定着している読者が殆どいないということです。

常連の読者を獲得するためにも、役にたつ記事を沢山書かなければなりません。

まとめ

ある程度記事が書けたら必ず自身のブログは読まれているのか、必ず調べたほうがいいです。

ただ闇雲の記事を書いていただけでは多くの読者はつきません。

記事を書いたら、その記事にどれだけの読者が付くのか分析しましょう。

そして、分析から分かることをブログ運営に生かせば、読者を集めるブログになるはずです。